お金を借りるときの注意点

お金を借りるときの注意点について、キャッシングを例にとって見て行きましょう。まず、キャッシングの際に注意すべきことは、借りたい金額と返済可能な金額について、バランスをとることです。キャッシング申し込みの時には、借入は自分の収入に見合った範囲内に設定することです。例えば、月々の返済について、多くとも月収の1割とするのがだいたいの目安です。もちろん、キャッシングの限度額は、利用者の資力を見て、企業が判断しますが、それでも借入額は大目に設定されるものです。

ですから、自分の限度額の中で、ある程度意識的に自分の中での限度額を決めておくといいでしょう。また、消費者金融会社や信販会社については総量規制の対象となっています。借入額については年収の3分の1を超えることができなくなっています。この一方で、銀行の場合には総量規制の対象外となっています。銀行は審査が厳しい分、借入限度額も余裕があり、金利も低いです。その分、長期的な返済が必要になるので、ここでも自分の中である程度の意識をしておく必要があります。

その他の注意点としては、融資限度額や金利、返済方法などといった貸付条件について、しっかり確認することも重要です。特に、色々な会社の条件を並べて、比較していくことも大切でしょう。これは特に、借入を始める前にしておきましょう。業者ごとのローンの特徴を知り、一般的な使い方を把握しておけば、自分が利用する際の目安になります。