ボーナスカット後にお金を借りる

ボーナスカットを経て、あるいはお金を借りている最中にボーナスカットをされた場合について考えていきましょう。金融機関でのキャッシングについては、振り込みを忘れてしまった場合、あるいは残高不足で引き落としが出来なかった場合などがよくあります。このように、一時的に返済が遅れた場合には、対処法がしっかりあります。この場合は、すぐに窓口に連絡し、指定口座に振り込むことで延滞金は免除されます。しかし、一番良くないのは連絡もせず放置しておくことです。

こうすると延滞金が発生してしまい、残高が大きくなってしまいます。ですから、振り込み期日や引き落とし口座については、こまめな確認をすることが前提です。会社の業績悪化などにより、リストラや収入が減ってしまう、あるいはボーナスをあてにしての、ボーナス月における返済額を多めにしている場合は注意が必要です。これには、不意の事故や病気により長期入院などにより、収入が減ってしまった場合なども考えられます。このようなときは、キャッシングしているところの相談窓口に連絡しましょう。

まずは事情を説明すること、そして何らかの手段が無いかを聞くのが一番です。ボーナスカットを理由としたキャッシングについては、利用限度額が減ってしまう可能性はあるものの、多くの金融機関で利用できます。特に、以前から利用していたところならば、ボーナスカットに関わらず、いきなり限度額が引き下げられることはないでしょう。